島原・長崎・諫早・大村の空き屋の管理はおまかせください。
トップイメージ

方針

我々は地域過疎化に伴う空き家問題・人口減少問題を解決すべく平成22年4月に設立され島原市を拠点に活動を行っています。

【 理事長からのご挨拶 】

全国的に空き家増加・地方の人口減少が社会問題で、空き家率は全国で13.5%以上になり長崎県は全国11位15パーセント以上全国平均を超えています。空き家に関しては平成27年5月に施行されて「空き家対策特別措置法」では、所有者に対して適正管理を義務付け、管理不十分な空き家に対して罰金を設けました。固定資産税が6倍になる、所有者の氏名・住所が公表され、罰金が50万円に課せられる厳しい内容もあり、1981年以前に建てられた耐震基準に満たされていない住宅は現在の風速50m/S、頻発する地震には耐える事が出来ない場合があります(耐震基準前の風速は約30m/S以下の計算)。人口問題も平成4年から平成14年間では平均5千人、平成14年から平成24年間では平均1万人が毎年減少し長崎県内の各市では過疎地域に指定されている地域が増えています。
空き家を適切に管理する為に住宅・土地・相続・税金の専門家が協力し相談窓口を受け付け
人口減少に伴い島原市・長崎県と協力を頂きながら、IUJターンを促進するために「田舎の我が家」お試しハウスを創り、地域を見て頂きながら定住して頂ける施設を完備しています。

方針

 過疎化が進む長崎県、多くの空き家が点在しています。空き家を貸す事も販売する事も出来ず、又解体費用の捻出も厳しい状況になってきています。
空き家を放置すると建物の傷みが進み、天災によって、近所迷惑も発生いたします。
 実家に帰って着たときに住める状態に管理すると共に、貸したり・販売するまでを管理させて頂きます。

考え方

空き家を貸したい・販売したいとお考えの方
◎台風等の災害のとき現状報告をして欲しい方
◎1年を通じて空き家を管理して欲しい方
◎田畑の管理
◎保有する土地が他人に利用されていないか
◎お墓のお掃除も承ります

チェック項目
  • 雨漏りのチェック
  • 建物の外部・内部の破損状況のチェック
  • 庭の雑草のチェック
  • ご近所を訪問し苦情の確認
  • 通風・換気の入れ替え(約1時間程度)
  • ポスト内の整理
  • 災害後の巡回
  • お墓の掃除(別料金)

(公財)県民ボランティア振興基金支援事業

Copyright (C) 2011 田舎の我が家. All Rights Reserved.